買取タウン

買取タウンは様々なジャンルの不用品買取について情報を発信していくサイトです。

毛皮

高い値段で毛皮の買取をしてもらうためにできることとは

2017/09/21

札を持つ女性

何年も箪笥の中に毛皮のコートやマフラーが眠っている、ということありませんか?毛皮は保管方法をきちんとしていれば、何年も楽しむことができるものです。

バブル時代に思い切って購入した人や、親の遺品として毛皮のコートをもらったという人など、毛皮のグッズを持て余している人もいるはずです。そんな人におすすめなのは、不要な毛皮のグッズは早く売ってしまうということです。購入時期から期間が短ければ短いほど、毛皮の商品は高値が付く可能性があるのです。

購入するときにはかなりの高額な毛皮のグッズですが、いざ手放す際には安く買い取られてしまう、ということもあります。

実際に毛皮の品物がどれくらいの査定額が付くのかは予想できません。今後毛皮ブームが到来すれば高値が付く可能性もあります。しかし今はフェイクファーが流行している時代なので、それほど毛皮の需要がなく、査定額も低くなることもあります。

大事な毛皮のコートやマフラーを手放す際に、少しでも高値を付けるためにできることはあるのでしょうか?複雑な作業や時間のかかることは難しいとしても、自分でできることはしておくと査定額にも影響がでます。

まず簡単にできることとしては、毛皮をきちんとブラッシングするということです。毛並みが美しく見えるように、きちんとケアすることで、余分な汚れやほこりをかきだすこともできます。またブラッシングと同様に、保管方法も気を付ける必要があります。毛皮は生き物なので、高温多湿の場所は避けるべきです。保管袋があれば、それに入れておくといいですね

毛皮の商品が複数あれば、まとめて買取してもらうことをおすすめします。複数の毛皮の品物を買取してもらうことで、単品ずつの査定額プラスアルファで値段が付く可能性があります。

また新品で購入した際の袋や保証書などがあれば、それも一緒に買取してもらうと査定額アップにつながります。古い毛皮のコートは売れない、と思っている人もいるかもしれません。

しかし古いからこそ高値がつくものもあります。ワシントン条約で、規制となった動物の毛皮は特に高く売れます。ワシントン条約が締結される前の1980年以前に購入した毛皮であれば、今は簡単に手に入れることができない品物もあります。

そういった毛皮の品物は、中古品でもかなり高値が付くので、古いからといってあきらめてはいけません。想像以上に高値が付く可能性があります。

-毛皮
-,