買取タウン

買取タウンは様々なジャンルの不用品買取について情報を発信していくサイトです。

着物

着物買取の価格を左右する証紙の有無

2017/11/10

紙を見せる女性

物品の買取では、総じて添付書類がポイントになってきます。購入した時に付いてきた書類などは、できるだけ添える方が良いのです。例えば家電製品の買取などは、しばしば行われています。それで家電品には、必ずと言って良いほど説明書があるでしょう。

それを添えて買取手続きを行う方が、価格は高めになる傾向があるのです。それと家電製品の場合、保証書なども添付されている事はよくありますが、同じくそれも買取価格を左右する傾向があります。それら書類が無くても、買取が不可能ではありません。

しかし買取にはそれなりに影響を及ぼしますから、やはり添付する方が良いでしょう。

それで着物買取の場合、やはり書類も関わってきます。ただ着物という物品の場合は、落款や証紙の有無がポイントになってくるでしょう。というのも数ある着物の中にはかなり値段が高めな物もあります。有名な着物の場合、それこそ1着につき10万円を超える事もあるのです。

それだけの価値がある着物の場合は、やはり上記でも触れたような書類が1つのポイントになります。それがある方が、明らかに買取価格は高くなるからです。それで上記の家電製品と同じく、それを紛失したとしても、一応は買取りを行う事はできます。

ですから紛失してしまった時などは、そのまま着物買取の手続きを行うのも一法です。多少は価格が下がる事を覚悟して、書類を添付せずに手続きを行う方法もあるのです。

しかし10万を超えるような高額な着物となると、やはり書類の有無はそれなりに価格に大きな影響を及ぼします。ですから、やはり普段から上記の証紙などを無くさないよう保管しておくべきでしょう。紛失しなければ、特に何も問題はないからです。

ただ着物の場合は1つ独特な点があります。というのもお店などに着物を持参した場合、証紙が再発行される事も稀にあるからです。ですから着物買取を行う事を検討していてなおかつ紛失してしまった時などは、ちょっと販売店に電話などで問い合わせをしてみると良いでしょう。

それで再発行が可能だと伝えられた時は、手続きを行ってもらうのも一法ではあります。ただ再発行を行うにしても、それなりの手間が必要になってきます。また時間もかかるでしょう。

それを考慮するとやはり高額な着物を保有しているなら、証明書を紛失しない事が一番です。着物を収納するための箱などに保管しておくなど、何らかの工夫は必要と言えるでしょう。

-着物
-,